※Mac OS X 用のドライバソフトをインストールする前に必ず御一読ください。
右の説明をよくお読みになってから、ダウンロードして下さい。
 
注意:USBからADBに変換する機器を経由してADB対応製品を接続した場合、機種によっては全ての機能(カスタマイズ等)が動作しない場合があります。

■OSX用ドライバソフトのインストール方法
ドライバソフトはこのページの一番下から行えます。

  ここではKensingtonのマウス・トラックボール専用ドライバソフトMouseWorksのインストール方法を解説します。
1

ダウンロードしたファイルを解凍すると、MWInstall_2.4r4_J_C.dmgというアイコンが表れます。このアイコンをダブルクリックすると上図のウインドウが開きます。MouseWorks Installerをクリックします。

2

ユーザの認証画面で名前とパスワードを入力し、OK ボタンをクリックします。

3

Read Meページが表れます、「続ける」ボタンをクリックします。

4

使用許諾ページが表れます。「同意します」ボタンをクリック後、「インストール」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。
※アップデートをするか聞かれた場合は、「キャンセル」を選択し、アップデートをせずに進めてください。

5

インストール完了の画面。「再起動」ボタンをクリックして再起動をしてください。

6

再起動後、MouseWorksを起動すると上図のパネルが表示されます。「バージョン情報...」ボタンをクリックし、バージョンが2.4であることを確認してください。
※「アップデートの確認」から、アップデートが行えますが、不具合の原因になりますので、アップデートは行わないで下さい。

以上でソフトのインストールが完了します。
 
 
OS X用ドライバソフトのダウンロード
日本語版 Kensington MouseWorks 2.4 for Mac OS X :約5.0MB
日本語版2.4から2.5へのアップグレードは行わないでください。不具合の原因になります。
Kensingtonの1ボタンマウス、TurboMosue Ver1.0〜4.0(バージョンは本体裏側のステッカーに表記してあります)を除く全てのUSB並びにADB対応のKensington製マウス、トラックボールでお使いいただけます。
※日本語版MouseWorks2.4はIntel CPUには対応しておりません。
ご注意)
このバージョンではiMate等USB-ADBの変換機器では使用出来ません。
ADB接続の場合対応する機種は標準でADBポートを搭載した初期のG3マシンのみです。
ExpertMouse Pro等「ダイレクトランチャーボタン」を搭載したトラックボールでは
プリセットボタンへの設定は手動で行う方法で設定してください。

---設定方法---
1,MouseWorksを起動
2,DirectLaunchタブを選択
3,お好みのURLやファイル/アプリケーションを指定
4,Labelにアクセス先の名前などを入力してOKをクリック